個別カウンセリングの詳細や申し込みはこちら click

女性ホルモン整えるって一体なにすればいい?実践編①


女性ホルモン整える手法が知りたい、キミエです。




目次

3つのポイント

「女性ホルモン整えたいけど、一体どうやれば整うんだよ!」

ってことで、セミナー行ったので、

そのシェアを前回から書いてる。




前回書いた、女性ホルモンの調整メカニズムは3つなので、

3つのメカニズムがちゃんと働くために気をつけるポイントが、これ。

 ① 脳=自律神経を整える

 ② 肝臓への負担を減らす&肝機能高める

 ③ 副腎への負担を減らす





この3つがちゃんと働くように気をつけてあげれば、

自然とホルモンが整うよね、ってはなし。

イコール、女性ホルモンを整えるポイント、ってことになる。



じゃ、この3つがきちんと働くためには、何を行動すればいいのか?ってこと、書いていくっ。




① 脳=自律神経を整える 為にする事は?

自律神経を整えるためには、規則正しい生活を送る。これに限るとのこと。

 ・早寝早起き

 ・食べ過ぎない

 ・適度に身体を動かす

とかの、「一般的に健康的な生活」って

言われてることをきちんとやる、のが自律神経を整えるのに一番大切だそう。



でもさー、こんなんさー、いわれてもさー。笑

不眠があったり、寝ても寝ても眠い、とかあるやん?



食べ過ぎないとか言われても、

寝不足でも食べすぎ起こるし、

生理前なんか食べたい欲求ハンパないんだから、

そんな時に食べ過ぎないとか無理し。


って思う!!簡単に言うなよ、まじで!みたいな笑



そう、自律神経を整えるって、

整ってない人の生活からしたら、難しいことが多い。




一番実践しやすい事は?

不眠も睡眠不足も食べたい欲求も、

そういう症状がでる原因や要因が多く、

改善はポンと簡単じゃない。厄介ぃー。




けど、適度に身体を動かす」は、

その中でも一番やりやすくって、実践できる人が多いポイントなのかな、と思う。






かくいう私、慢性疲労で動く体力がない、動けず寝てばかりで。

つらいーなんでー寝れないー泣けるー・・・

こんなんから、抜けたいけど抜けれないーな日々。



けど、ふと、ほんとーに動けそうなときにだけ、

天気のいい日に少しだけ、

最初は5分だけ日に当たるとか、家の回りを一周だけ散歩する

とかをやりだしてから、体調が変わり始めたって記憶がある。

(運動しなきゃ!べき!とは思わず、ほんと気が向いたときだけ)



筋トレやジムに行ったり、

ヨガやジョギングしたりとか、ハードなことじゃなく。

いつもの生活から、ちょっと運動量を上げる

くらいで地味に効いて来るんだな、って身をもって実感したので、これはオススメ。



多分、普通に動ける人なら、

よくいう1駅分歩くとか、食後は軽い散歩をとかのレベルを続けること。


日に当たるのも、自律神経のスイッチに良いって聞くし。

もちろん、しんどい時は無理しない。






早寝早起き食べ過ぎない

ましてや、適度に身体を動かすが、

まさか自立神経に効いていて、

女性ホルモンにも良いことをしてるなんて想像してなかった。




勉強してみるもんだなぁと思った。



何より、

それが身体に実感するくらい効果が出た、

のが驚いた。(私は女性ホルモンだけでなく、全身的にだけど)



次は② 肝臓への負担を減らす&肝機能高める を書いていくー。





この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる