身体をリビルドするブログ。ポテンシャルを輝かせるために。

Bスポット治療 病院変えたらマサカだった件【慢性上咽頭炎】


またBスポット治療行ってきました、

チミエ(分子栄養学カウンセラー)です。 

終了してたBスポット治療


以前、慢性上咽頭炎を疑って

Bスポット治療をやっていた。その時の記事はコチラ↓

ほんと、Bスポット治療行ったがいいと思う! -ちみぶろ

Bスポット治療の続き -おしゃべり先生ー – ちみぶろ




そこまで酷くないとの診断で

4回ほど通って血も出なくなって、

病院の先生も「もう大丈夫ですよ~」と

仰っていたので治療終了していた。




しかし、まだ喉のイガイガ感や鼻水の出やすさ

口に鼻水が垂れてくる後鼻漏という症状

喉の詰まり?締まり?感があったので

なんでだろう・・・?と不思議に思っていた。




加えて、前よりずいぶんと改善してはいたものの

まだ肩こりや背中の張り、日によって夕方の疲れやすさ

合わないものを食べたときの手足首の痛み、

低気圧時の頭痛、ダルさがあり、

少し横になって休まないと・・・な時がチラホラ。




まだ栄養が体にいきわたっていないのか・・・?

いや、でも食事も気を配って、

サプリメントで補充もしていてこの状態だから

何かの見落としがあってロスしてるんだろうな・・・

と疑っていた。

何を見落としている?


じゃあ一体、

何を見落としているのか何がロスの原因か

ということを考えた。




栄養療法では、

色々対策しても体調が良くなってこない原因の一つとして

体の慢性炎症が非常に大きく影響している

とよく言われている。



ここでいう慢性炎症とは、

鼻 喉 歯 腸 で起こる

非常に気付きにくい炎症があると自覚しにくい

長期間続く炎症のことを指している。




であれば、副鼻腔炎

であれば、慢性上咽頭炎

であれば、歯根の根尖病巣

であれば、腸壁の炎症。腸漏れリーキーガット等




血液検査では、慢性炎症がありそうかどうか

目安になる項目がある。

それは貯蔵鉄の フェリチン

元気がないのにフェリチン高いとか

違和感のある数値だったら炎症を疑ってみるとのこと。

(も少し詳しく書きたいけど別の機会に)




これを自分に当てはめて考えてみる。

  → 副鼻腔炎は治療で完治

  → 軽傷の慢性上咽頭炎はBスポット治療済

  → 歯列矯正中の為、詳細には見てないが
    通常レントゲンでは歯根に炎症なし

  → 対策中、ここまで体調回復してきてるので
    やり方は大体合っていると思う

 フェリチン →炎症で上がってたフェリチンが
        副鼻腔炎 完治後 70→45へ下がるも、
       体調他との兼ね合いを考えると
       まだ違和感のある高さ。何か炎症がありそな感じ。




これらから推察するに、

私の身体にはまだ慢性炎症が残っていそうで、

詳細に見てない歯、か、

確認しづらい腸の炎症があるのか と考えていた。

一度終わった上咽頭の治療に着目した訳


理由は2つ。





1点目は、前述のとおりを疑っていたんだけど

上咽頭については何しろ自覚症状として

まだエヘン虫や鼻水、喉違和感があったので

念押しで喉は大丈夫ってことを

確認しておきたいと思っていた。




2点目は、慢性上咽頭炎の治療(Bスポット治療=EAT)は

やり方や効き具合が医師(施術者)によって違うことがある

ということ。




鼻から綿棒入れてこするだけの病院もあれば、

鼻と喉から綿棒でこする病院もある。

更には6スポット治療という広範囲を

やってくれる病院もあるそうで。

やり方が色々ある上に、

施術者の手技によっても効果が変わるとなったら

尚更、再確認しておきたいと思った。




てことで、以前通った病院とは別の、

慢性上咽頭炎やBスポット治療の重要性について

発信されている病院に行ってみることにした。

行ったら驚愕・・・


「まー、他の病院でBスポット治療終了してるし、

ダイジョブやろ~。」と、軽い感じで確認をしにいった。


直近の血液検査結果を持参とのことだったので、

持って行って、問診票かいて、ちょと待ち。



名前呼ばれて、処置室に入って、

看護師さんと受診の経緯をお話ししながら、

酸素飽和度や舌圧の確認、採血を済ませ、

Bスポット治療するかもしれないからと喉に液体麻酔をした。

優しいほがらかな看護師さんでいい印象だったし、

リクライニングのベッドに寝て施術を受けられるとのことで、

いわゆる普通の耳鼻科にある診察台に座ったまま治療じゃなく、

楽で負担が少なくていいなと思った。




麻酔が効いてきた頃、先生登場。

軽くお話して、ファイバースコープ入れながら

見ていきましょうかね、と。映像は施術後に見れるそうだ。




上咽頭は、赤い丸で囲んでいる部分を指す。

f:id:kimiweeee:20200119170139j:plain



ここを塩化亜鉛という薬剤をつけた綿棒で

擦過(こする)治療がBスポット治療。

上咽頭は鼻の奥にあるため、

ファイバースコープを入れないと見ることができない上に、

口を開けて喉を見ただけでは、

のどちんこでちょうど上咽頭が隠れてしまうので

簡単に見ることはできない位置にある。 




鼻から細いファイバースコープが入って行ってすぐに

「あ~~、これは結構ひどいですねー・・・!」 

と言う先生。




「え!?? は?!!! うそ?!!(O_O)」

 とスコープが入った状態で驚愕する私。




炎症無いやろ~と思っていたから、むっちゃ動揺。

鼻にファイバー入ってるし、

そんなこと言われたから平静装う余裕もなく

結構大きな声で「え?!!うそうそ汗 マジですか」

って言っちゃって。




しばらく観察されて、

「じゃ治療していきますね~」って

鼻から綿棒入れられて

「あぁ治療されるなら

 ノド麻酔やってもらってて良かったぁ!」

って思った瞬間、

「かなり血がでてますよー。」との声。




ここでも

「は?!! まじで?! !!(゚д゚lll)」と強めの驚愕。

痛みはというと、麻酔してるのになんか痛い!!!




結構ゴシゴシされて、

最後に口側からも大きい綿棒入れられてごしごし。

鼻から口からなんか入ってきてるし

喉の奥の謎い位置こすられるしで、

変な圧迫感からパニックなりそうだったけど

先生と看護師さんが口に綿棒入れてからは

「すぐ終わりますからね~」と

赤ちゃんあやす並みに体トントンしながら

何度も言ってくれたので、なんとか耐えれたバブぅ状態。




処置終わって見せられた綿棒には、

かなり血がついてて、また驚く・・・笑

上咽頭はどんな状態だったのか


処置後、診察室に移動して

ファイバースコープ画像やら採血の結果など説明を聞く。

言えば写真をもらうことができたので、備忘録的に書き出す。



 ※ 以下、粘膜や血の写真がでてきますので、

  苦手な方は見られませんよう!

まず、鼻の入り口側から。


f:id:kimiweeee:20200119170338j:plain

全体的に表面がボコボコしているのがわかる。

自分の鼻の中とはいえ、キモイ。笑

通常、このボコボコはなく、

つるっとしているのが正常だそう。

それぞれ膨らんでいるところに

免疫のリンパが集まっているとのこと。
(なにかに反応して集まっている)




ちょっと奥に進んだとこも同じく、鳥肌のようにボコボコ。泣

f:id:kimiweeee:20200119170856j:plain




上咽頭にたどりついた。

f:id:kimiweeee:20200119171021j:plain

テカテカ光っているのが、鼻水。

鼻水の量と粘性が高くツヤッツヤ。
(肌のツヤの方が欲しいのに)

上咽頭粘膜に、モリモリと隆起したヒダがある。

このヒダ、炎症のない人には無いそうで、

この状態みただけでも良い状態とは言えないそう。




↓画像の上~真ん中下あたりまである

隆起したヒダで下の方との境目ができているが

正常な場合この境目はないそう。

下の方につるんとしていて、

うっすら血管が透けて見える部分があるが

全体がそのようになっている状態が正常なのだそう。

トホホ。。。

f:id:kimiweeee:20200119171737j:plain

で、↑画像の下の方や所々にある赤い斑点は、血。

ここの粘膜が薄くなっているために

鼻をかんだりした時に、簡単にやぶけてここから出血し

鼻水や痰に血が混じるのだそう。


いざ擦過。ゴシゴシ。

f:id:kimiweeee:20200119173022j:plain

うわぁぁぁぁ・・・・というくらい出血。

真ん中あたりの出血が少ないのは、

ここを以前の病院でこすってもらっていたため、

炎症がないのだそう。確かに。

左端のヒダの奥の方や、右側の出血が多いのは、

前の病院ではこすってもらってなかった部分だから。

しかし、以前の病院では真ん中あたりでも

ここまで出血しなかったので、

左側や奥の方の炎症どんだけなんだよ・・・

って愕然。。。


f:id:kimiweeee:20200119173801j:plain

口からも綿棒入ってゴシゴシ後は、

最終的に血まみれ。笑




はい、中~重症の慢性上咽頭炎でした。。。




事前に喉麻酔してるからとはいえ、

処置中から痛くてヒリヒリジンジンするし

肩や体までだるーい感じになったので、

麻酔してなかったらどうなってたんだろう・・・

って考えるだけでゾッとした。怖

治療がんばるよ!!泣


てことで、

慢性上咽頭炎がしっかりあること判明したので、

これから治療頑張りまーす!!泣笑ヽ(;▽;)ノ


具体的には、2週間に1回通院して

Bスポット治療。10回くらい予定とのこと。




家では毎晩、クリニックから貰った

塩化亜鉛溶液を点鼻。
(昨日やったけどこれがまた痛いの!! ヒィ!)

あと寝るとき口が空かないよう、

口呼吸にならないよう口テープ。

睡眠時口テープは前からやってたけど

副鼻腔炎が治ってからは、

朝起きて口が空いてなかったので

もういいかな? とやめていたけど再開。




口テープの大事さと口呼吸のヤバさは、

まごめ先生の記事がめちゃ参考によきき。

『口テープ睡眠』推奨!口呼吸はアトピー・アレルギーなど免疫疾患の原因

サプリメントより大事なこと「口呼吸は絶対やめましょう」




舌を鍛える口の運動も併せてやってね、とも言われる。 

鼻うがいはずーっとやってるので、これからも継続。




慢性上咽頭炎、

こーんなマサカがあるなんて思わなかったけど、

行ってよかった、判明してよかった、

確認しにいった自分まじですごいぞハグしたいぞ!

って思った。

前の病院についての思いは

朝出るスッキリうんちのように

華麗に水に流して…

(すごい患者さん多い病院だったから

先生忙しかったんだろうなと( ^ω^)・・・笑)

慢性炎症は まるでバケツの穴


こういう慢性炎症が体のどこかにあると

サプリだろうが食事だろうが

栄養をいれてもいれても、

バケツに空いた穴から水がでるように

流れていってしまうそう。




穴が開いてれば当然、

体に栄養は貯めれないし入っていかないし

炎症の分余計に栄養を消耗してしまう状態が

続いてしまう。




サプリや薬を飲んでるのに治らない、

効かない状態が存在しているということ。




これを読んで今ドキッとした

心当たりがありそうなあなた。

ぜひBスポット治療に行ってみたり、

慢性炎症を疑ってみてはどうでしょか。




気になる方はこの本がめちゃくちゃオススメです。

Bスポット治療してくれる病院もたくさん巻末に載ってる。

つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい




カウンセリング依頼の中でも、

炎症ありそうな場合は、

この点もっとしっかり情報提供していかなきゃなーと

自身の経験通して再認識っ。

 あーもーほんっとビックリでしたー笑

4 COMMENTS

アバター A

私も上咽頭炎で、大阪の某有名耳鼻科で診てもらいました。写真と同じような鼻粘膜のボコボコ、私も大量にありましたよ(笑)
私はまだbスポット治療数回目ですが、お互い完治目指して頑張りましょう!

返信する
アバター kimiweeee

コメントありがとうございます!
同じ治療でがんばる戦友ですねっ、完治めざしましょう~^^

返信する
アバター 須賀祐司

はじめまして
須賀と言います。
自分は、閃輝暗点を伴う片頭痛が長年あり今回Bスポット治療というのを知り近所の病院に行きましたが、そこは、喉からしか綿棒は、入れてくれません。今後、ここの病院でいいのか悩んでおります。やっぱり鼻、口から両方でちゃんとやってくれる所がいいですよね?
経験者のチミエさんのご意見をぜひお聞かせ下さい。宜しくお願い致します。

返信する
アバター チミエ

ブログとYouTubeを見ていただき、コメントありがとうございます!
私はやはり鼻、口の両方から処置するがよいと思います(且つカメラで患部を見ながら)
Bスポット治療はクリニック探しが大変ですよね、、、
よい病院と出会われますよう祈っております。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA