身体をリビルドするブログ。ポテンシャルを輝かせるために。

女性ホルモン整えるって一体なにすればいい?実践編③

続々・女性ホルモン整える手法が知りたい、よびんです。

3つのポイント

「女性ホルモン整えたいけど、一体どうやれば整うんだよ!」 ってことで、セミナー行ったので、そのシェアをしばらく前から書いてる。

女性ホルモンの調整メカニズムは3つなので、3つのメカニズムがちゃんと働くために気をつけるポイントが、これ。

 ① 脳=自律神経を整える

 ② 肝臓への負担を減らす&肝機能高める

 ③ 副腎への負担を減らす

この3つがちゃんと働くように気をつけてあげれば、自然とホルモンが整うよね、ってはなし。

メカニズム編 ⇒ 女性ホルモン整えるって一体なにすればいい?メカニズム編

じゃ、この3つがきちんと働くためには、何を行動すればいいのか?ってこと、書いてきた。

① 脳=自律神経を整えるについてはこちら

女性ホルモン整えるって一体なにすればいい?実践編① 

② 肝臓への負担を減らす&肝機能高めるについてはこちら

女性ホルモン整えるって一体なにすればいい?実践編② 

今回は最後、③ 副腎への負担を減らす ためには何をすればいいのかについて書く。

f:id:kimiweeee:20190717092321p:plain

腎臓の上にある、黄色い三角のやつが副腎。

まず副腎に負担がかかるとどうなる?

副腎は、女性ホルモンの原料を合成するところだそう。(メカニズム編より)

副腎がちゃんと働いていれば、性ホルモンの原料が作られるけど、副腎が弱ってたり、負担かかってると、ちゃんと作られない、ってことが起きるそう。

でも、肝臓と同じで、自分の副腎に負担がかかってるかどうか、ってのなんてよくわからない。が、副腎に負担かかると下記のような影響や症状が身体にでるそう。

・目覚めが悪い

・疲れが取れない、寝ても疲労感が残る

・塩辛いものを過剰に好むようになる

・常に倦怠感、やる気がおきない

・ちょっとしたことで疲れる

・性欲がなくなる

・ストレスに対応できなくなり、結果
イライラしたり、過食やタバコ、飲酒が止まらない

・病気や怪我が治りにくい

・立ちくらみがする

・ウツっぽくなる

・PMS(月経前症候群)が酷くなる

・頭がボーっとする

・記憶力が低下する

・夕食後に元気になる

これを見ると、副腎に負担で出る症状めっちゃ多く、しかも、かなり疲れ感と関係があるのがわかる。

病院にかかるレベルじゃなく日常的に、だる~・・・とか、そういえば当てはまるやん、とか昔に比べたらだいぶ・・・的なことが多いので、知らなかったら歳のせいかな、疲れてるだけか、ぐらいでスルーするやーん!って感じ。

ホルモンバランス乱れに乱れてる私、ほぼ全部あてはまりました笑

目覚めが良いことなんか基本ない、朝からだるい、疲れてる、立ちくらみはしょっちゅうで、PMSひどし、ふと不安がよぎるし、頭もぼーっとして、22歳くらいのめっちゃ冴えてた感じは一体どこに行ったの?って感じ。

これらが、副腎の負担から来てるなんて、ほーんと知らなかった。

当てはまるなら、副腎に負担かかって女性ホルモンが作られてない可能性高い、ってことですね。

どういう理由でこの症状が出るのか?

それぞれの症状がでるメカニズムはこんな感じ。

一部うろおぼえなので、だいたいこんなイメージくらいで。

・目覚めが悪い・疲れが取れない、寝ても疲労感が残る・常に倦怠感、やる気がおきない ・ちょっとしたことで疲れる  ⇒ 副腎に負担がかかっていると、副腎から分泌されるコルチゾールというホルモンの分泌が減ってしまう。コルチゾールは、日内変動があり、通常、朝が一番分泌多く、夕方が一番分泌少ないが、副腎の負担で、朝のコルチゾール分泌が減ってしまい朝からしんどい、日中もしんどい、となってしまう。

・塩辛いものを過剰に好むようになる ⇒ 副腎に負担がかかると、交感神経優位になり交感神経の緊張は、アルドステロンとコルチゾール分泌を促す。アルドステロンは腎臓に働きかけ、ナトリウムを身体に溜め血圧を上げるので、塩味が欲しくなる。(だったと思う)これは副腎疲労の抵抗期かな?負担がもっと進んで副腎疲労疲弊期になると、コルチゾールもアルドステロン分泌も低くなるため、また変わるのかも。

・性欲がなくなる ⇒ 副腎で、コレステロールから、ホルモンの前駆物質プレグネノロンというホルモンの素ができ、それが分岐して各種ホルモン作られるが、身体にとってのストレスが多いと、ホルモンの素からストレス対応ホルモン(コルチゾール)ばかりが作られ、性ホルモンを作る量が減ってしまう。(コルチゾールスティールという現象)

・ストレスに対応できなくなり、結果、イライラしたり、過食やタバコ、飲酒が止まらない ⇒ 副腎から分泌されるコルチゾールという抗ストレスホルモンで、身体はストレス対応している。副腎に連続して負担がかかっていると対応コルチゾールがいつもいっぱいいっぱいでキャパオーバーだと、追加のストレスにも対応できにくくなり、手っ取り早くストレスを解消?ごまかすモノについ手がのびる。

・病気や怪我が治りにくい ⇒ 怪我や病気は身体ストレス。身体ストレスに対してもコルチゾールは抗炎症のために働くが、コルチゾール分泌が少なかったり、キャパオーバーや許容スレスレだと、身体の炎症が治まりにくくなってしまう。

・立ちくらみがする ⇒ コルチゾールはアルドステロン(血圧を上げるホルモン)の作用をもっているから、足りなくなると塩分渇望から低血圧で、立ちくらみがでる。

・ウツっぽくなる ⇒ コルチゾール低下やキャパオーバーで元気が出ないので、ウツぽくなる

・PMS(月経前症候群)が酷くなる ⇒ 副腎の負担で性ホルモンの産生が不足など

・頭がボーっとする ⇒ コルチゾール低下やキャパオーバーで元気が出ず

・記憶力が低下する ⇒ 頭がぼーっとするからにつながるのかな?

・夕食後に元気になる  ⇒ 副腎から分泌されるコルチゾールは血糖維持作用がある、しかしコルチゾールを分泌できないと血糖維持ができない。副腎に負担がかかっていると、コルチゾールの日内変動で最も分泌が少なくなる夕方に、コルチゾールによるある程度の血糖維持ができなくなるため、夕方に血糖値が下がってしまう。そのため元気がなくなり、夕食を食べて血糖値が上がると元気がでる。

副腎に負担をかけてしまう要因

これら、副腎に負担かかってますよーの症状が出てるなら、負担をとって、よく働くようにしてあげたい。

てことで、肝臓とおなじように、副腎に負担をかける要因を知って、負担要因をまず減らしましょうが先決。

なんとなく想像つくと思うけど、副腎は抗ストレスホルモン(コルチゾール)、性ホルモンをつくるところなので、ストレスが副腎に良くないってのがいえる。そのストレス要因がこちら。大別すると、身体的ストレスと、精神的ストレス

(身体的ストレス)

・感染症

・過剰な運動、労働

・食生活の乱れ(砂糖、精製炭水化物、アルコール、カフェイン過剰摂取)

・睡眠不足

・炎症(怪我、アレルギー、アトピー、
副鼻腔炎、上咽頭炎、歯の炎症、腸の炎症)

(精神的ストレス)

いわずもがな、仕事、家庭、人間関係などなど、いろいろあるよね!

ストレスっていうと、精神的ストレスが頭にぱっと浮かぶけど、上記のような身体的ストレスも副腎に負担になる、ってのは勉強するまで知らなかった。

私自身、花粉症やアレルギーと副鼻腔炎、乱れた食生活が昔からベースにあったので、長年、副腎に負担をかけていたから、そりゃ女性ホルモンが乱れてもおかしくないよな・・・って思う。

プラス、甘いの食べて、砂糖や炭水化物で血糖値の乱高下、身体がそれを一生懸命に調整する、ってのも十分身体ストレスよなぁ・・・って思い当たるので、副腎さん、身体さんごめんって感じ。

副腎の負担を減らして、ちゃんと性ホルモン作ってもらうためにも、これらストレス要因を減らすのが、めっちゃ大事なんですね・・・。

副腎の負担を補う栄養がある

こんな身体、精神ストレスに対抗してくれてる副腎。そんな副腎をいたわって補ってくれる栄養素があるとのこと。

それは ビタミンC

副腎は身体のなかでビタミンCを大量に要求する臓器で、ストレスがかかった状態でビタミンCが不足すると、副腎自体も腫れてしまったりするそう。

(参考:副腎疲労は『結果』である

ビタミンCは肌や日焼け、抗酸化にいい、とはよく聞くけど、まさか副腎にかなり必要な栄養素だなんて知らなかったので驚き。

で、ビタミンCは人体で作ることができないし、食べ物から入れるしかない。

フルーツなんかに豊富って情報はよく聞くけど、加工食品にビタミンCの問題があるとのこと。加工食品にはビタCはカナリ少ないらしく、フルーツでも野菜でも、加工過程でビタミンCは失われているそう。

新鮮なフレッシュなもの食べるのが、一番いいんだろうけど、忙しかったりでつい手が伸びる加工食品。加工食品中の添加物は肝臓にも負担かけるし、ビタC少なくて副腎は癒されない、ってのは知っておいて上手く付き合う必要がありそう。

フルーツや野菜から、ビタミンCしっかり摂っていきたいけど、身体ストレス炎症&精神ストレスあるので少量じゃ追いつかないから、私はサプリで効率よくビタCを摂っている。

Now Foods, C-1000、250粒 – iHerb.com

California Gold Nutrition, Gold C、ビタミンC、1,000 mg、ベジタリアンカプセル 240錠 – iHerb.com

③ 副腎への負担を減らす為にすることは?

まとめると、今回も肝臓のように、まず副腎に負担をかける要因を知って、自分にできそうなことから身体的&精神的ストレスを取り除こう!ってことになる。

いやー、でもストレス減らすのなんて大変やし・・・って思う。そんなときはビタミンCに頼って、いくらかでも副腎の負担を軽くしてあげたら、ほかのストレス取り除く元気も出てくるかもしれない。

女性ホルモンどころか、その他のホルモンまで作ってくれてる副腎なので、なるべく負担をかけずに生活して、ホルモンの整った身体になっていきたい。

ので、私はこれからも身体ストレス炎症とり、過剰な精神ストレス軽減は第一に頭において、生活していこーと思うっ。

女性ホルモン整えるためには、ってのから自律神経、肝臓、副腎の話になるとは思わなかったけど、意識していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA