個別カウンセリング詳細や申し込みはこちら click

【胆汁対策】胆汁を補助・促進してくれる3つの方法とは?

胆汁補助やっています、
キミエ(分子栄養学カウンセラー)です。

目次

胆汁はとても大事

前回の記事で、胆汁が栄養的にも腸の健康にも非常に大事であることを書きました。

【胆汁大事】胆のうを取った私が声を大にして叫ぶ胆汁酸の重要性



胆汁の分泌が不足していたり、胆嚢がなく胆汁の貯蔵や濃縮ができない場合
胆汁の分泌を促進したり、外から補うことで
補助することができます



その具体的な3つの対策について今回はシェアしていきます。


1、ウルソデオキシコール酸とオックスバイル

胆汁の分泌が不足している傾向がある場合、
消化酵素のように外から薬やサプリメントとして補うことができます。



通称ウルソと呼ばれる
ウルソデオキシコール酸(UDCA)合成の胆汁酸です。
胆汁の流れ滞りを改善し、胆汁分泌を促進させて胆石症などを改善する薬です。



処方薬もありますが、市販もされています
タナベ胃腸薬ウルソ


【第3類医薬品】タナベ胃腸薬ウルソ 60錠




ウルソと乳酸菌が一緒に入っているタイプもあったり。


タナベ胃腸薬ウルソの説明ページは
胆汁酸のことがわかりやすくまとめてあるので一読されるとよいかと。
ウルソデオキシコール酸(UDCA)とは?



合成の胆汁でなくても、牛の胆汁酸をフリーズドライさせたサプリメントもあります。

オックスバイルといい、オックス=牛、バイル=胆汁の意味です。iHerbにも取り扱いがあります。


Allergy Research Group, Ox Bile, 500 mg, 100 Vegicaps
Allergy Research Group, Ox Bile, 125 mg, 180 Vegicaps


Jarrow Formulas, 胆汁酸ファクターズ、 90カプセル


胆汁酸や消化酵素など消化系がまとめて1本になったタイプも。

Thorne Research, バイオジェスト、60カプセル



私は胆嚢がないので補充強化的な感じでウルソデオキシコール酸の処方薬と食前にオックスバイルサプリメント125㎎を飲んでいます。

胆汁や消化酵素が効果を発揮するのは食中なので
サプリを食前に飲んで合成薬は医師の指示に従って服用しています。



これらを食事と一緒に摂ることで、胆汁を補うことができます。

2、胆汁分泌を促進する食品を食べる

薬やサプリだけでなく、一部の食品も胆汁分泌を促進してくれます。

それは、もずく、舞茸、こんにゃくです。



これらの食品に共通するのは、水溶性食物繊維が多いことです。



もずくはフコイダンという、癌関係でもよく出てくる水溶性食物繊維を多く含みます。
私のインスタグラムの食事写真によく、もずくがでてくるのは胆汁対策です。





舞茸はきのこで食物繊維自体も多く水溶性食物繊維も多い部類に含まれます。
かつ、ビタミンDや消化酵素、免疫活性化成分なども含み、腸カンジダがあっても食べれる唯一のキノコ類ということで、食べない手はないくらいの優秀食材です。




こんにゃくは昔から「おなかの掃除役、胃腸のほうき」といわれるくらい、腸に良い食材でグルコマンナン(コンニャクマンナン)という水溶性食物繊維が主成分です。
製造過程で水溶性→不溶性食物繊維へと変化するようですが、不溶性食物繊維も不要な2次胆汁酸を除去しクリーンにしてくれる効果があります。


これら食物繊維が胆汁分泌を促進して、肝臓と腸を良い状態に整えてくれます。
薬やサプリでなく食品なので、だれでもすぐに取り入れることができますね。


3、腸のうごきを良くする

肝臓で作られ、腸に分泌される胆汁は、効果を発揮したあと95%以上が小腸の回腸で吸収され、門脈経由で肝臓に戻りリサイクルされます。

これを腸肝循環といいます。


胆汁は肝臓で脂質のLDLコレステロールを原料に合成され、腸粘膜に作用して蠕動運動を進めてくれる作用があります。
またバナナ便の黄色い色は胆汁に由来する色で、

健康な便と腸のためには胆汁が大きな役割を担っています。


このように腸と肝臓はつながっているため、
腸の動きや便の状態が悪いと胆汁の分泌も悪くなってしまいます。


なので、腸が動くことをするのが胆汁分泌にも大切です。


例えば、日常的なある程度の運動や散歩、睡眠の確保はもちろんですが、
便秘でやる腸マッサージや腸もみ、カチカチで動かないお腹の筋肉をゆるめることも胆汁分泌の促進につながります。

胆汁対策、取り入れてみては?

脂肪の消化だけでなく、栄養素や肝臓、腸とのつながりがものすごく深い胆汁です。胆汁補助や促進対策をすることは、胆汁だけでなく全身状態に関係すると思ってもらってよいです。



肝臓、胆嚢摘出後、体調低下しSIBOなど様々な不調に見舞われましたが、今ではSIBOも治り、朝ジョギングできるくらい回復していますので、今しんどい方もどうぞ諦めないでください。



食材などは明日から取り入れて試すこともできますし、胆汁が弱いかも、分泌少ないかも、揚げ物好きなんだよね・・・って方は
ぜひ意識して試してみて下さいっ。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる