身体をリビルドするブログ。ポテンシャルを輝かせるために。

【低気圧】こんな不調にまで!Bスポット治療の経過とメカニズム -3-【慢性上咽頭炎】



続々・Bスポット治療続けて通ってます、

よびん(チミエ@分子栄養学カウンセラー)です。

f:id:kimiweeee:20200408184933j:plain

Bスポット治療で改善した不調

前回、前々回とBスポット治療の経過と

体感した2つの改善(SIBOと低血糖症)について書いた。

【SIBO】こんな不調にまで!Bスポット治療の経過とメカニズム -1-【慢性上咽頭炎】

【低血糖症】こんな不調にまで!Bスポット治療の経過とメカニズム -2-【慢性上咽頭炎】




今回は、体感した3つめの改善

そのメカニズムについてシェア。

マサカの効果!③ 低気圧による不調への効果


2年ほど前から、低気圧の時に体調が悪化したり

頭痛が起きてしまう「気象病、天気痛」に悩まされてきた。




普段から「頭痛ーる」(ずつーる)というスマホアプリで

気圧グラフを見て低気圧が来そうな日は

前日から漢方を飲む、ゆっくり休む等の対策をして

しのいできた。(それでもダメな時はダメ。)

f:id:kimiweeee:20200413200619p:plain




Bスポット治療を2回終えたあたりで

低気圧がやってきた。

画像↓のように、青線の気圧グラフが落ち込んで

マークが爆弾。爆弾マークだと、

気圧の低下が激しくて危険ですよ!ってこと。


f:id:kimiweeee:20200414225730j:image




こんな日はいつもなら、気圧が下がりだすと

頭痛や言い表しようない酷い不調、怠さに襲われる。

逆に気圧が上がっていく時も動機や頭痛がしたり

まさに気象病。




この日もそんな症状が出るだろうと思って

漢方(五苓散)を事前に飲み

補食を準備していた。




しかし、なんとこの日は

軽ーい頭痛と少しの怠さだけでやり過ごせたのだ!!!




自分でも

「来るぞ来るぞと思っていたのに、何で?

  いつもより全然しんどくない・・・何で?」

だった。




とりあえず様子を見よう…

と、「???」ながらも観察することに。

台風並みの低気圧で・・・


この5日後、台風並みの低気圧が来た。

気圧グラフがV字の谷になっている。

こんなの見るだけでもう怖い。笑

f:id:kimiweeee:20200414225743j:image




こういう場合、漢方など準備を仕込んでいても

不調が強くでる。




が、またしても

ほとんど不調を感じず過ごせてしまったのだ!!



台風並みの気圧変動なのに!



私はあることを思い出した。




「そういえば慢性上咽頭炎の本に

 気象病とも関係しているって少し書いてあった…

もしかしてBスポット治療の効果…?!!」




そう、この本↓にBスポット治療と慢性上咽頭炎の

関わりが書いてあったのだ。

f:id:kimiweeee:20200408184933j:plain




しかし、あんっっっなに悩まされた低気圧。

たった2回大丈夫だったけでサラッと治った!なんて

納得できるもんじゃない。笑



たまたま体調が良かったのかもしれない。

てことで、更に観察を続けた。

観察続け、、、ついに!


Bスポット治療も4~5回と継続しつつ

次の低気圧の時、漢方は事前に飲んだが

もうほんと軽ーい頭痛だけだった。

怠さはなし。




そのまた次の低気圧には、漢方ナシで挑んだが

全然OK。

気圧?変化してますか?ってぐらいの余裕さ




完全に勝利。。。




低気圧を…克服した〜泣 o(TヘTo) クゥ




本当に嬉しい瞬間だった…泣



何度も書くが、SIBOと低血糖と同じく

これも期待してなかった効果で。

Bスポット治療により棚からボタモチを

トータル3個も貰ってしまった。

(もうほんっと神様ありがとう笑)

f:id:kimiweeee:20200408191340p:plain

低気圧で不調が出るメカニズム

気象病もまさしく自律神経が絡んでいて。

気圧の変化に合わせて

体は水面下でいろいろな調整を行っている。




その調整を行っているのが自律神経。

 気圧が変動しても血流を保つために

血圧や血管拡張・収縮・水分調整など様々。



低血糖症が改善し補食が不要になる

=血糖値が維持可能でエネルギーが保てる為

自律神経の命令に従って

体の様々な調整を潤滑に行うエネルギーがきちんとある

のだと考えられる。




加えて、体は常に図のように気圧の影響を受けており、

外側からの圧が高い(高気圧)
   →血管やリンパ管は収縮

外側からの圧が低下(低気圧)
   →血管やリンパ管は拡張

という関係になっている。

f:id:kimiweeee:20200414223452p:plain



更に、静脈リンパ管は菅の壁が薄く

特に影響を受けているため、低気圧時には拡張する。




上咽頭周辺はリンパ管網が発達しており

頭部リンパ液の重要な通り道となっている為、

上咽頭炎があれば

静脈うっ血・脳脊髄液うっ滞・リンパうっ滞が

起こりやすく、気圧の低下で更に拡張し

通過障害が悪化するため体調が悪化してしまう

のだと考えられる。


f:id:kimiweeee:20200414225824j:image

(つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい より) 

痛いけど効果バツグン!


という訳で、Bスポット治療を継続したことにより

以前からすごく悩んでいた

SIBO、低血糖症、低気圧(気象病)

一気に改善傾向になるという素晴らしい結果。




この恐怖のスリーマンセル、

いや魔のトライアングル?に

苦しんでいる人は多いと思う。




不調があって栄養療法へ駆け込む人には

ほぼほぼ慢性上咽頭炎があることから、

これらの不調がある方には

やはりBスポット治療を試してほしい。




もちろん、Bスポット治療だけでなく

体にダメージを与える食事や行動をしない

ってのも平行で。




あ、炎症が酷いと治療めちゃくちゃ痛いから、

体弱ってたりシンドイのが酷い人や

上咽頭炎の重要性よく理解してないと

嫌になってもう行きたくない…って

なったりするそうで。

しんどい人はある程度、体力回復してから

行くのが良いのかも。




因みに、通ってるクリニックの先生が言うには

気象病はなかなか難しく

Bスポット治療だけで改善するのは

2割くらいだな~とのこと。




どうやら私はその2割でラッキーだったけど

しんどいなら試す価値十分だと本当に思う。

気圧に左右されないのが

如何に楽で、普通で、幸せか

ひしひし感じるから…。




3つの効果で充分体調改善したように感じるけど

元が悪すぎ&まだ完治ではないので

これからもBスポット治療、継続してゆきますっ。




慢性上咽頭炎についての本はこちらがオススメ。

巻末にBスポット(EAT)治療してくれる病院も

載ってます。

つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA