個別カウンセリング詳細や申し込みはこちら click

【ミネラルウォーター】どんなの選ぶ?水の違いと選ぶポイントについて


ミネラルウォーターよく飲みます、
キミエ(分子栄養学カウンセラー)です。

目次

種類たくさんミネラルウォーター

「健康のためにはお水を沢山のみましょう!」
「ミネラルウォーターは身体にいいですよ!」
と言われたり、聞いたりする事があると思います。



ですが、スーパーの水売り場で色んな水が並んでいると、

「一体どれを買ったらいいかわからない・・・」
「パッケージが違うのは分かるけど、

中身の違いが分からない・・・」
「ただの水でしょ?どれも同じじゃないの?」


と思われたことが
一度はあるのではないでしょうか。




ですが、水の選び方のポイントを知っておくと、
カラダがより喜ぶ水分補給ができます。

水を飲むという同じ作業をしているのに、
差が出てくるのです。
これは是非知っておきたいですね!



ということで、今回は分子栄養学的に
ミネラルウォーターを選ぶポイントについて
シェアしたいと思います。

選ぶポイント①天然水、鉱水

ミネラルウォーターのラベルを見ると、
原材料に「ナチュラルミネラルウォーター」や「鉱水」と書いてあることが多いです。


こう書いてあれば、ミネラルを含んだ自然のお水ってことです。



ミネラルは人体にとって非常に重要で、
現代人はストレス過多や食事の質の低下などから
ミネラルの消耗は多いのに摂れていない、になりがちです。



お水から少量でも、常にミネラル補給を意識していた方がよいです。




ちなみに、スーパーのお水売り場には他の種類の水も置いてあります。

純水」や「ピュアウォーター」「RO水」などですね。



これらは、天然水でなく水道水などをろ過し、
ミネラル分や様々な不純物を取り除いてキレイにして
後からミネラル分を添加した
「人工的に作られた水」です。
そのためコストもかかりません。




一方、ナチュラルミネラルウォーターや鉱水など、
天然水の採水地は身体によい成分が含まれた、水質のいい場所が選ばれ
自然によって何十年もかけゆっくりとろ過されます。





安全性はどちらも変わりませんが、
人がおいしいと感じる水は天然水のようです。



人工的なバランスよりも、
自然なバランスの水の方が体は美味しいと感じるんですね。

選ぶポイント②ミネラルバランス

先にも書いた通り、ミネラル人体にとって
とても重要です。



そのため、お水を選ぶ際はミネラル分の多い水を選ぶことがポイントになります。




日本の水軟水(なんすい)
硬度の低い水=ミネラルの少ない水 です。

海外の水(特にヨーロッパ)
硬水(こうすい)
硬度の高い水=ミネラルの多い水 が多いです。



そのため、飲み水として買うなら硬水を飲む方がミネラルを沢山摂取できます
硬水の独特の味はミネラル由来です。



ぜひ、出先でお水を買われるときは、
ミネラルの多い硬水を買われてみてください。
(味が苦手な方は無理しないで)




硬度の高さで例を挙げるとエビアン、ヴィッテルあたりがオススメです。



エビアン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる