身体をリビルドするブログ。ポテンシャルを輝かせるために。

カビ毒デトックスメソッド「グルタチオン&クロレラ」のやり方


カビ毒をデトックスしたい、
チミエ(分子栄養カウンセラー)です。

カビ毒の脅威


先日、一度も掃除していなかったエアコンを
初めてクリーニングしてもらい、
黒カビが酷かったこととカビ毒の影響について記事にしました。
カビ毒注意!初エアコンクリーニングレポートと身体への影響


カビ毒が体内に入った場合、
身体の脂肪に蓄積されます。
特に、脳は80%が脂肪でできていますので
カビ毒は脳に蓄積しやすいです。


脳や身体に蓄積したカビ毒は
神経系や免疫系に作用し、
様々な疾患の原因になる
と言われています。


そんな恐怖のカビ毒を
身体に入れないことはもちろんですが、
蓄積した分を身体の外に出すこと
デトックス(解毒)
ができれば、とても嬉しいですよね。


今回は、そのカビ毒デトックス方法について
シェアしていきます。

グルタチオンとクロレラ


解毒したり解毒の補助や促進をするものは
沢山あります。

メタロチオネインやEDTAキレーション点滴、
DMSAグルクロン抱合、ベントナイト、
食物繊維チャコール(活性炭)、ゼオライト、
ケイ素などなど色んな単語が浮かびます。


ですが、身体の解毒デトックスといえば、
何といってもグルタチオンです。

またクロレラもよく用いられます。


このグルタチオンとクロレラを使った
デトックスメソッドを紹介します。

グルタチオン&クロレラ
デトックス方法


やり方は、

1、朝起きたてにグルタチオンを飲む。
2、30分後にクロレラを飲む。
3、朝食はその30分後に食べる。


という方法です。

なぜこのような方法なのか、
順を追って説明していきます。



朝は体がデトックスモードになっています。
最大のデトックスである
便(うんちさん)が朝に出るのも理由の一つ。

なので朝イチにグルタチオンを飲みます



体に吸収され解毒効果を発揮しだすのが
だいたい30分後。
(痛み止め薬など飲んだら15〜30分くらいで
効いた経験があると思います)

身体に吸収されたグルタチオンにより
細胞に溜まった有害物質が肝臓で処理され、
胆汁として腸に排泄されてきます。


胆汁の排泄タイミングでクロレラを飲むことにより
クロレラの葉緑素による吸着能で
腸に排泄された物質をキャッチさせ
再度腸から吸収させないようにします。


食事が更に30分後なのは、
クロレラでの毒素吸着を食物が
邪魔しないようにするためです。

グルタチオンについて


グルタチオンは私たちの体内で作られています。



身体のメチレーション回路という
代謝サイクルのなかの
硫黄回路という所で作り出され、
体内の毒物の処理や、抗酸化に使われています




これがメチレーション図。
右下の赤丸のところでグルタチオンが作られます。




このメチレーション回路が上手く回転していれば
スムーズに毒物の処理ができるのですが
上手く回っていない場合、解毒ができなくなります


さらに、毒物の暴露量が多い
グルタチオンを作っても作っても使われてしまい
蓄積することも。


すでに病気を発症していたり
グルタチオンが上手く作れない場合は
外から、サプリメントや点滴で補うことで、
解毒を補助
することができます。


サプリメントだと
リポソーマルタイプのグルタチオンがオススメ。



Lipo Naturals, リポソーム型グルタチオン抗酸化ブレンド Setria入り、15 oz (443 ml)



Aurora Nutrascience, Mega-Liposomal Glutathione+ Plus Vitamin C, Organic Fruit Flavor, 750 mg, 16 fl oz (480 ml)


リポソーマルタイプだと
細胞膜から細胞内に直接入ることができ
効率的に細胞内のカビ毒をデトックスする
ことが可能だからです。


もちろん、錠剤やカプセルタイプの
グルタチオンでも効果がないわけではないので
還元型グルタチオンもあります。



Source Naturals, 還元グルタチオン、 250 mg、 60タブレット





グルタチオンは食品のブロッコリースプラウト
強力にグルタチオンの合成を促進してくれます。
デトックスするなら、ぜひ食べたい食材ですね。




ちなみに、硫黄不耐性がある方
グルタチオンも硫黄を含む物質のため注意が必要です。その場合は、クロレラのみでデトックスをされるとよいかと。




サプリ以外だとグルタチオン点滴もあります。
クリニックで1回5000円程。
パーキンソン病にはグルタチオン点滴が効果的なようです。

グルタチオン点滴でパーキンソン病を治す

クロレラについて


クロレラは重金属や毒素、
その他有害物質のデトックス作用があります。


グルタチオンとは別の作用で
クロレラ中の緑の部分である
葉緑素(クロロフィル)が有害物質を吸着させる事でデトックス作用を発揮します。


また、クロレラには生体利用性が良い
ビタミンB12葉酸が豊富に含まれています。


前述のメチレーション回路を回転させる場合、
ビタミンB群に属する
ビタミンB12や葉酸が必要ですので、
メチレーションを回し解毒のグルタチオンを
体内で合成する上でもクロレラは役立ちます



クロレラは葉緑素やビタミンB群以外にも
アミノ酸や鉄など様々な栄養素を
含んだプラントベースホールフード
という
自然由来の栄養食品です。

葉酸が豊富で自然由来で安心、
且つデトックスもできるので
妊活にもよく用いられます



一石二鳥どころか一石五鳥くらいの
力をもっています。
(クロレラの詳しい事についてはクロレラセミナーレポート記事を読んで頂ければ。)
クロレラセミナー行ってみたらスゴかった




ちなみに、葉緑素は緑色なので
緑のお野菜に多いです。
野菜を食べることはデトックスにもなるのです。
食物繊維も取れますしね。
よく見るデトックススムージーが緑色なのもこういう理由ですね。

グルタチオンとクロレラの
デトックス効果はすごい


さて、ここまでで
グルタチオンとクロレラのデトックス作用について
理解頂けたかと思います。



朝飲むだけでデトックスできるなら
是非やってみたいですよね。

ということで、
実際にデトックスメソッドを試してみたので
次回はそのレポートをシェアしたいと思いますっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA