身体をリビルドするブログ。ポテンシャルを輝かせるために。

【ペットの不調も】食事と腸内環境が大事【アトピー・ぬけ毛・指間炎】


愛犬が不調になっていました、
チミエ(分子栄養学カウンセラー)です。

犬のロビン


犬と一緒に暮らしています、
名前はロビン。 13歳。





小さい頃からめっちゃ元気で
特に病気することもなく過ごしてました。




しかし、10歳を超えた頃から、
腰のヘルニア や 皮膚にアトピーぽいボツボツ
抜け毛が増えはじめ
その後、指間炎という
指の間が腫れる炎症も出るようになりました。


耳先の毛はハゲハゲ、
夜中もしょっちゅう身体を掻いたり、
腫れてる指の間をずーっと舐めたり。

指間炎



病院にも連れて行って薬やローション、
薬用シャンプーを使ったりしましたが収まらず。



どうしたものか・・・と思っていましたが
ちょうど私が分子栄養学を勉強し始め
身体や食事の事を学んで、
その考え方が犬や猫にも応用できると知り。


実際、ロビンに色々試してみたので
内容と結果をシェアしようと思います。

ロビンの体調の為に変えたこと


以下の3点を変えました。

ドッグフードを変える


分子栄養を学んで
不調改善には食事の内容がとても大事と知り、
フードを見直すことに。




今まではスーパーやドラッグストアで買える
2㎏1000円くらいのドッグフードをあげていましたが汗
行きつけの動物病院で売っているフードに変えることにしました。(手作りフードも挑戦したけど、作る事に疲れてしまうのでやめた)



3.8㎏ 4500円なので、スーパーのものと比べると
1㎏あたり2倍くらいの値段。



以前、猫を飼っている知人と話していた時
安いキャットフードをあげていた所
腎臓病を患いすぐに亡くなってしまったそうで。。

猫はフードに気を付けないと
腎臓病になりやすいから二代目猫には質の良い
フードをあげていて病気知らずだよ。



と聞いていたので、
やはり食べるものはちゃんと
選ばないといけない
です。



加えて、行きつけの獣医さんと
フードの話をしていたら


「うちで取り扱ってるフードと同じものがネット
通販でも少し安く買えるみたいなんですよ。
で、ネットで買った同じフードを食べてた猫ちゃんが、なぜか体調崩すってことがあって。

うちのフードに戻すと体調落ち着くというのを何件か経験しましてね。だから、ネット通販のものと病院に卸すものは何かが違うんでしょうね」



と言われていて。 (||゚Д゚)ヒェェ



確かにペットフードの原材料って
肉の品質はよくわからないし
消費期限も長くて酸化の懸念も



ネットで安く販売しているものは
一定の品質から外れたロットとか
病院に卸せないロットだったりが
流通しているのかもしれない。
(あくまで予想です)


なので、フードは
多少価格が高くても病院か
ドッグフードショップの直販で買う
ことにしています。

おやつを煮干しと出汁パックに


以前のおやつは、お店で売ってる
牛皮ガムやデンタルボーン、
わんちゃんのおやつ的なものだったが
食事を見直すということで
おやつも見直すことに。



ドッグフードだけでなく
人間が食べるものは基本的に犬も食べれます。
(NG食材はいくつかあります)

そこで、おやつは
煮干し出汁パック
をメインにすることにしました。


煮干しはスーパーの乾物コーナーのもの。
犬はあまり噛まず丸飲みが基本なので
ちょっと細かく割って、水で湿らせてからあげる。




出汁パックは味噌汁などの出汁をとる用の
無添加出汁パック



料理用にダシを取ったら、

味付け前に出汁パックを鍋から取り出し
取り置いておき、袋をやぶいて中身を出して
少しだけ水をふくませて食べさせます。



出し殻だけど、中身は魚のたんぱく質や
昆布や椎茸などの食物繊維の粉なので
栄養タップリ
です。
これをおやつ代わりにあげることにしました。

プロバイオティクス(乳酸菌)
をあげる


犬や猫も消化管の仕組みは人間と同じで
腸には腸内細菌が共生しています。


人が乳酸菌などのプロバイオティクスを
飲めば効くように
犬や猫にもプロバイオティクスが有効なのです。


餌にまぜて与えるので、
粉末タイプが扱いやすいなと思い
ちょうど自分で飲んでいたビオスリー
ロイテリ入りの粉末プロバイオティクスがあったので
少量、たまにフードに振りかけてあげています。


ビオスリーH 36包【指定医薬部外品】 整腸剤 酪酸菌 乳酸菌 糖化菌 おなかの不調 便秘 軟便 腸内フローラ改善 腸活



Nature’s Way, Primadophilus、Reuteri Superior Probiotic、マルチ-菌株パウダー + scFOS、5oz (141.75 g)




あとは、悪玉菌やカンジダ対策に有用な
ココナッツオイルもたまに少量なめさせたり。
ロビンは気に入ったみたいで、
ココナッツオイルの匂いがすると欲しがります笑
(犬にココナッツオイルはOKです)



ちなみに、高齢等で消化が弱ってきた場合には
消化の補助に消化酵素も使えるんですよ。

参考→不足しがちな消化酵素の効果とは?サプリメントで犬の消化酵素を補おう


世の中にはペット用
消化酵素入りサプリメントもあります。

犬用サプリメント エンザイム 100g チーズ味 天然の消化酵素 パパイヤ、リンゴ入り

ロビン、かなり改善!!


上記3点を実践するようにしてから、
ヘルニア、アトピーのようなボツボツ
指間炎は治り、再発していません



抜け毛も減り、耳先もしっかり新しい毛が
みっしり生えてきています^^



そういえば、不調の頃はしょっちゅう連発していた臭いオナラもなくなりました。
臭いオナラは腸内環境が悪いサインの
代表的なものですからね(;^_^



今ではこのとおり、白目むいて
へそ天でグースカ寝れるくらい元気。笑



ロビンが回復して、とっても嬉しいです^^




今後は、高齢になってくるので消化不良対策と、
室内犬なのでビタミンDも不足しがちかなぁ
と思うのでケアして
変化を見ていこうかと思っています。



自身の不調から学んだ分子栄養学が
ペットにも応用できるとは
思わぬ棚ボタだったけど、
ロビンも長く健康に元気でいて欲しいから
今後も続けていきますっ^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA