身体をリビルドするブログ。ポテンシャルを輝かせるために。

やったカンジタ対策 ーその1ー



いつの間にかサプリが増えていました、

よびんです。

腸カンジタ対策


以前に書いたカンデックスでの

カンジタバイオフィルムクレンジングの件↓

だけでなく、この他にも色々、

カンジタ対策やってきました。

カンデックス飲んだらヤバかった・・・




強い疲労感、謎の体や手首足首の痛み

、お腹の張り、膨満感、SIBO感、ブレインフォグ

もろもろ不調がありました。

これらは 腸にはびこる過剰なカンジタ菌 由来かもしれない・・・

という情報を知り、1年ほど前からカンジダ対策はじめました。




※ここでいう腸は、小腸のことです。

体調悪くなった後に、大腸カメラやって

大腸はキレイだったので大腸には

過剰なカンジダは居ないのかなと考えてます。

(ポリープはあったけど笑)




腸カンジダを除去する手段として、

 ①ハーブで菌を殺す

 ②カンジタや菌の作るバイオフィルムごと除去する

という方法があるそう。




今回はカンジダ除去として私が

今までどんな事をやってきたか、

やった順でまんま書いてみることに。

(結果、使ったサプリはこんな量 笑)


f:id:kimiweeee:20190629140114j:plain

以下、長いので読みすぎ胃もたれにご注意。

最初に使ったハーブ


まず最初にやったのは、ハーブで菌を殺す こと。

f:id:kimiweeee:20190701112627j:plain


菌がハーブで殺せるなんて知らなかったし、

カンジタに効くハーブなんてのが分類されてる

ってことにめっちゃ驚いたけど、

調べるほど情報でてくるし

まじなんだろうな・・・って

半信半疑だけどやってみることに。




初めて使ったのは、

カンジダ除菌で使わない人は居ないんじゃないかってくらい

よく見る有名どころ

カンジタサポート と オリーブリーフ。


f:id:kimiweeee:20190629141050j:plain


カンジタサポートNow Foods, カンジダサポート、植物性カプセル 90粒 – iHerb.com

抗カンジタ作用、抗菌、抗ウイルス効果のある

ハーブなどが配合されている。




メイン成分として、

カプリル酸、パウダルコ樹皮、

プラックウォルナット(黒クルミ)、

オレガノオイルパウダー。

補助効果として

ダイオフ症状を助けるマグネシウム

皮膚や粘膜を健康に保つ働きに必要な

ビタミンB群の1種であるビオチン。




加えてニンニク、オリーブの葉エキス、

キャッツクロー、ワームウッド(よもぎ)という

天然の抗菌ハーブたちが入っている。

まーなんか、いわゆるそーゆー成分モリモリのサプリ。




オリーブリーフCalifornia Gold Nutrition, ユーロハーブ、オリーブの葉XT、500mg、VC EM、60ct – iHerb.com

これも抗カンジダ作用、抗菌、抗ウイルス効果のある

オレウロペインというオリーブの葉抽出物のサプリ。




日本ではオリーブリーフなんて聞かないけど

ヨーロッパなんかでは風邪のときに

病院で処方されるくらいメジャーな

抗菌作用のあるものなんだそう。

しかも菌の耐性がつきにくいとか。

世の中 耐性菌 耐性菌さわいでるから

耐性つかないって嬉しいよね。笑




除菌ハーブの正しい使い方は

カンジタにエサのくるタイミングである食後

らしいのですが、最初それ知らなかったので

カンジタサポートをラベル記載量である2カプセルを

空腹時に飲んだ。



そしたら、しばらくして

何かいつもと違うだるさが来た。あとゲップ。

カンジタサポートにオレガノとかが入ってるから

オレガノ臭?のゲップがあがる。(きちゃないゴメン




それ以降もなんか来るか?と構えてたけど

なんとそんだけだった。

やばいやばいと言われるダイオフだけど

そんな辛くないし、こんなもん??

と拍子ぬけしたのを覚えてる。



ダイオフ:カンジタが死ぬときに、

菌が抱えてた人の体にとって有害なものを

撒き散らすために起こる、

吐き気やめまいや下痢などの症状のこと。

カンジダは死ぬときまでも超厄介。




二日連続で飲んで、

少しだるく、ちょっと体痒いけど

それ以上変化なかったので

カンジタいないんかな?て思うレベルだった。




オリーブリーフも私はダイオフほぼ出ず。




肝心の体調は、依然として悪いまんまだった。

次にバイオフィルムクレンジング


ハーブ除菌やってみたけど

体調が改善しないので今度は

菌やカンジタの作るバイオフィルムごと除去

をやってみることに。




カンジタをはじめ菌たちは

バイオフィルムという膜を作って

自分たちのコロニーを守るそう。

身近なバイオフィルムの例が

キッチンやお風呂の排水口のあのヌメヌメ。

f:id:kimiweeee:20190701113229j:plain



バイオフィルムが一度できると、

複数の悪玉菌がカンジダと共に繁殖しやすくなり、

免疫の異常を引き起こして

アレルギーやリウマチ等の

自己免疫疾患を起こす要因になることもあるらしい。




ちょ、腸の中にそんなヌルヌルの菌の塊があるの・・・

おぇ・・・。しかも恐ろしい。。。

と思いながら、ネット情報を頼りにiHerbをポチる。




ポチったのが バイオフィルムディフェンス

f:id:kimiweeee:20190629202740j:plain

Kirkman Labs, Biofilm Defense, 60 Vegetarian Capsules – iHerb.com 
(今はラベルが新しくなってる様子)




このサプリの中身は消化酵素と呼ばれるもので

消化酵素にはバイオフィルムを溶かす作用があるとのこと。




バイオフィルムディフェンスと名前がついている通り

対バイオフィルム用のサプリなのが分かる。

人の体内で日常的に分泌されてるタイプの消化酵素や、

人が作れないタイプの消化酵素など

10種以上の酵素がブレンドされている。




バイオフィルムクレンジング(剥がしたり溶かすこと)

のためには、消化酵素を食事と食事の間の

空腹時に飲むことが大事とのこと。

(食直前や食後だと食べ物の消化に使われてしまうから)




ドキドキしながらも、

朝食の消化が終わったであろう午前11時に

ラベル記載量の1カプセルのんだ。

しばらくして、お腹がゴロゴロいって

なぜか、よく痛み症状の出ていた左足が痛んだ。



その後なんとなもかったので、

お昼ご飯を食べて消化が終わったであろう

16時にまた1カプセル飲んだ。

再度お腹がゴロゴロいったが何ともないので

夕飯も食べた。




その夜は、お腹がゴロゴロいったせいか

珍しく夜にちょっと排便があり。

(この頃まだコロコロうんちが1日1回は出るけど

量少ないという便秘の状態)




その後、夜中にお腹張り張りになった。

不快で気分も上がらなく、

胃もたれ?のような感じですこし辛い。

しかし寝ることはできた。




翌日の朝も胃もたれ感引きずってんな…

と思ったら、急にビシャビシャの下痢。

下痢したら胃もたれ感もスッキリ収まった。




・・・今振り返ると、

これが強めに来たはじめてのダイオフだったんだな

とわかる。

けれど、当時は全く気づかず。

お腹が張るのは、なんか合わないもの食べたせいかな

下痢も水に にがり 入れすぎたのかな

とか思ってた。笑




そのため、このあと連続して

バイオフィルムクレンジングをやったわけでなく

2回目は一ヶ月くらい空いた。

依然として体調も良くはなく悪いまんま。

気づかないまま、さらに


一ヵ月後、ふと、

またバイオフィルムディフェンス飲んでみるか。

と思って空腹時に1カプセル飲んでみた。

f:id:kimiweeee:20190629170535j:plain


そしたら今度は、飲んで2時間後に




だるい、眠い、目がかすむ、ブレインフォグ

声がかすれる、めちゃくちゃにほんっとに気持ち悪い

お腹はポコポコいって、おならや何度もゲップ

しまいには、しゃっくりや

このタイミングでだらっとオリモノまで出てきて!!




こんな感じで、ものすっごく体調を崩して

夕食おろか風呂も入れず。

なんとか寝ることはできたけど

夜中の3時4時に水下痢の便意で

目が覚めてあまりよく寝れず汗




翌朝も水下痢を連発で、

何も食べれない、しんどい、まじでしんどい、

というひどい状態。泣

あんまりにもきついから、

少し水下痢がおさまったところで

具なし味噌汁をすするという始末。笑

この日と、その翌日までだるかった。




その後、バイオフィルムが剥がれやすくなってて

便と一緒に体外に菌の死骸を出したいのか知らんけど

1週間くらいドバーなひどい水下痢が続いた。




この後くらいから、

便に白い粒のようなものが混じるように。

(後に気づいたが、コレが菌の死骸や

バイオフィルムだったのかもしれない)




で、こんなんなったのに、

今回も当時はこれはダイオフだと気づかず。。。(鈍) 

また2ヶ月が経過する。。。

f:id:kimiweeee:20190629171239j:plain




と、すでに長いので、一旦切って続きは次の記事にする。




続きのハイライトはこんな感じ。




次にダイオフを経験したのは、

予想もしなかったタイミング。

バイオフィルムクレンジングをしようと

思ったわけではないのに、

つらいダイオフがきてしまった。。。

という内容。




備忘録とはいえ、書いてる私が胃もたれしそう笑

次回もお付き合い頂ければ幸い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA